スクリーンショット 2018-10-19 2.32.28.png

味にこだわった国産の野菜を仁淀川の清らかな伏流水を使って加工しています。わたしたちはカット野菜も「健康食品」だと考えているから、みずみずしさも栄養も、安心も大切にパックして、みなさまの食卓へお届けしています。

スクリーンショット 2018-10-19 2.36.35.png

仁淀川町に流れる仁淀川(によどがわ)。全国水質ランキング1位に選ばれたこの川は、青く神秘的な美しさから「奇跡の清流」と呼ばれています。その青く透明な水を使っているからこそ、野菜のおいしさを引き出すことができるのです。

niyodo2_low.jpg
スクリーンショット 2018-10-19 2.24.52.png
スクリーンショット 2018-10-19 2.24.57.png

フードプランは高知県内で初めてのカット野菜工場。鮮度やおいしさを急いでパックするために、工場はワンウェイの一方通行ライン。仁淀川の伏流水で野菜を丁寧に手で洗いながら「冷やし込み」という作業をしています。5~10℃の冷たい水で野菜にストレスを与えることで、みずみずしい切り口と鮮度をキープ。工場と同じ温度で売り場まで運んでいます。一年中、野菜の気持ちに合わせて、人も工場も働いています。

水やさいlow.jpg
スクリーンショット 2018-10-19 2.25.20.png

すべての農産物は多くの雑菌が付着しています。表面に付着しているものや傷などから、内部に入っているものもあります。そこでフードプランでは、しっかりとしたトリミング及び、洗浄と脱水を繰り返して雑菌を取り除いています。しかし、雑菌の中にはごくまれに『食中毒菌』が存在することもありますので、最低限の殺菌工程を設けています。

殺菌に用いる薬品は、亜塩素酸ナトリウムにクエン酸を加えることによりpH調整し、弱酸性にした殺菌料(ASC)に短時間接触させることで、必要最小限の雑菌を減少させています。その後2回以上の流水洗浄と脱水を繰り返し、薬品の残留がないようにコントロールしています。微生物検査は社内の品質管理室にて毎日自主検査を実施し、HACCP工程管理の結果を常にモニタリングしています。

薬品名:亜塩素酸ナトリウム(NaClO2)

製造元:バイオサイド・インターナショナル社(米国)

用 途:生食用野菜の殺菌料としての使用、飲料水の殺菌等

スクリーンショット 2018-10-19 2.25.28.png
スクリーンショット 2018-10-19 2.25.31.png

たとえば、玉ねぎはひと手間かけてリング状に。キャベツは葉のやわらかい上のほうだけを使ってカット。でもコールスローの場合はキャベツのうまみと食感、食味を楽しんでもらうために少し太めにカットしています。野菜の切り方一つにも、工夫を凝らしてセンスよく。お皿にそのまま盛りつけるだけで、見た目もおしゃれなサラダになります。

カットカットlow2.jpg
カットカットlow.jpg
カットカットlow3.jpg
スクリーンショット 2018-10-19 2.25.48.png
スクリーンショット 2018-10-19 2.25.50.png

野菜はカットした 瞬間から鮮度が急速に落ちていきます。 レタスやキャベツの切り口が変色してしまうのは、いわば自然なこと。 それを防ぐためには、さまざまな添加物を使わなければいけなく なります。私たちはカット野菜は健康食品だと思っています。だからできるだけ、よけいなものは使いたくありません。 あえて消費期限3日以内。安心のためにきびしい道を選びました。

カット2LOW.jpg